スキンケアの手入れに、正しいクレンジング手

 自分は年がら年中乾燥肌ですが、冬になると一層カサカサがとても気になります。しっかり洗いその後一気に保湿して掛かる腹積もりなのに、一気に鼻、頬。唇などカサカサになってしまいます。なのでスキンケアを見直そうと思い、まず癒を見直そうと思いました。そして近頃色んな癒計画を試してみました。冬にはオイルやジェルより、乳房やクリームがカサカサには良いので、乳房を使い始めました。秘訣メークはたとえ薄いメークもシミが怖いので、専用のリムーバーによっていらっしゃる。

 まず流し方を付け足しました。乳房を泡立てる時は、水を三回足すとちゃんと泡立ってくれます。『増やしすぎたかな?』ぐらいがちょうどいいです。次に、どういう癒を使おうと、始めるのはT辺りからとよく耳にしていましたが、これは最初に指を置いた部分は技術が入りやすいだからだそうです。そしてゴシゴシ洗うのではなく“優しく洗う”が一番大事です。擦り付けるのは、炎症のもとだ。今まで頬から始めていたのですが、こんな理由があるは知りませんでした。

 次にすすぎ人間は、熱いシャワーではなくお湯を溜めてすすぎます。熱いシャワーは余分な皮脂を取りすぎてしまい、カサカサの原因になります。熱すぎないお湯を溜めて、握りこぶしだすぐなが一番スキンへの重圧が少ないだ。そして、髪の生え際のにきびや小鼻やあご下の毛孔の停滞は、すすぎ残しが一番の原因だ。フェイス方策や目尻、鼻の傍らやあご配下などの凹んでいるところは、しっかり濯ぐことが大切です。そして洗いまで終わったら、綺麗に落ちているかクレンジングローションを含ませたコットンで確認します。時折留まることがあるので、最後に考察をすることもとても大切です。

 この方法で癒を通じてみて、あきらかにスキンへの重圧が静まり、洗い後のカサカサが少しマシになった思いがしました。確かに、メークを綺麗に取り外せてないことは最高スキンに悪いと思いますが、優しく落としても綺麗に洗い流すことはできると実感しました。これからも、こういう洗い方法でスキンへの重圧を減らして、カサカサに負けないスキン研究を通じていきたいと思います。こちらへ